テーマ:AT-MACS

AT-MACSで星野写真にトライ

AT-MACSの自動追尾機能を利用し、星野写真にトライしてみましたのでご紹介致します。季節が少し戻ってしまいますが、冬の代表的な星座オリオン座付近を、「ヒノサワさんちのアストロカメラ」でお馴染み日野澤氏に、トライしてもらいました。画像は広角レンズを使用し、2分の露出です。デジタルカメラなら2分も露出かければ、イイ感じに撮れます。ただし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AT-MACSの三脚を交換

おかげさまで自動追尾経緯台のAT-MACSは大人気です。ユーザーの方がAT-MACSにタカハシとビクセン製の三脚を装着されたのでご紹介します。 三脚架台(三脚の上の三つ股部分)はAT-MACSのままで、純正三脚と他メーカーの三脚を交換するのですが、三ツ股部分の幅がAT-MACSの方が狭いので、厚さ3mm~4.5mmの大きなワッシャを左…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AT-MACSの追尾精度

今年は夏に皆既日食の観測に出掛けますが、AT-MACS自動追尾式経緯台を持って行く予定です。この経緯台は、ふと思った時に星を見てみよう・・など、ちょっとした天体観測用に開発したもので、天体撮影などで重要になる追尾精度は、特にデータが無く、今後数日かけて、どの程度まで正確に追尾してくれるのか検証してみようと思います。太陽に望遠鏡を向け、倍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高性能小型屈折+AT-MACS架台

新年、明けましておめでとう御座います。このブログも昨年後半に始めたばかりですが、今年も定期的にお役に立てる情報を積極的に更新していきますので宜しくお願い申し上げます。さて今年最初の話題は自動追尾経緯台AT-MACSのユーザー様から情報をいただきました。月刊「天文ガイド1月号」及び「星ナビ2月号(1月5日発売)」にも特集の記事で掲載して頂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AT-MACS追尾機能

今週は、後半良い天気でしたので「AT-MACSマウント」の追尾機能について再度確かめてみました。付属の方位磁石で北に向け、緯度を合わせて、目的の星に向け追尾ONに・・・倍率50倍ですが一時間以上は視野からズレませんでした。今回はAT-MACSに標準でセット販売されている80mmマクストフ鏡筒でテストしましたが、次は少し重い鏡筒でテストし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AT-MACS経緯台

当店「スカイバード」オリジナルの自動追尾機能を搭載した経緯台「AT-MACS」はお蔭様で実際に使われているお客様から良い評価を頂いております。有り難う御座います。さて、「AT-MACS」マウント単体販売で、標準仕様のものより頑丈にした三脚アダプターを作りました。架台の底部全体を支える為、振動などにも強くなります。近日「AT-MACS」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more